アイプリンの使い方!目元のクマや全身のシミ・シワ・くすみに使えます

アイプリンはリピート率94.6%を実現

 

アイプリンの使い方は簡単です。

 

目元のクマが気になるところに塗って、指先を使って馴染ませるだけでオッケーです。

 

クマだけでなく、シミやシワ、くすみが気になる全身のさまざまな部位に使用することができます。

 

万が一、あなたの肌に合わずに異常が現れた場合は使用を中止しましょう。

 

 

初回1,480円!定期コースが断然お得♪

 

 

 

基本的な使い方を解説します

アイプリンを使う女性

 

アイプリンの使い方はとっても簡単です。下記の手順に従ってケアをして下さい。

 

キャップを外す

 

まず最初にアイプリンのキャップを外します。キャップはカチカチと回すダイヤル式になっています。

 

容器底部に付いているダイヤルを時計まわりに少しずつ回していき、適量のアイプリンを出して下さい。

 

筆先にアイプリンの成分が流れてきたことを確認してから使い始めましょう。

 

 

線状に塗布します

 

肌の気になる所(目の下)に筆で線状に塗布します。

 

指先を使って肌に馴染ませるように伸ばしていきましょう。

 

その際に肌を擦(こす)らないように気を付けて下さい。

 

特に目元付近の肌は薄くて弱いので、ダメージを受けやすいためです。

 

一番最初に使う場合は中身が出難い場合があります。

 

そのような場合は筆先を下側に向けて数回強く振り、そして少しゆっくりダイヤルを回しましょう。

 

 

キャップを閉める

 

アイプリンを使用した後は必ずキャップを閉めて下さい。

 

そのまま放置していると、乾燥してカピカピになったり、品質が悪化する恐れがあります。

 

また、保管場所にも注意しましょう。

 

極端に高温・低温な場所や、直射日光が当たる場所には保管しないようにして下さい。

 

温度変化によって品質が悪化して、アイプリンの本来の効果を実感することが難しくなります

 

これはアイプリンだけでなく、全ての化粧品に言えることですね。

 

 

 

アイプリンを使うタイミングは朝のメイク時です

毎日の美容液ケアが最も重要です

 

アイプリンを使うタイミングは、朝のメイク時と化粧直しの時です。

 

基礎化粧品で肌を整えた後、ファンデーションを塗る前に使用します。

 

ファンデーションの後にアイプリンを塗ると、せっかくの美容成分がファンデーションにブロックされて、肌の奥まで浸透し難くなるためです。

 

但し、リキッドファンデーションを使用している場合は、ファンデーション後にアイプリンを塗って下さい。

 

 

夜の使用はNGです

 

アイプリンは色が付いているコンシーラーなので、夜に使用するのはおすすめしません。

 

そのまま眠ると、枕やシーツに色が付いてしまう恐れがあります。

 

夜にデートなどの予定があって、化粧直し目的で使用する場合は構いませんが、寝る前にアイプリンを付けることは止めましょう。

 

肌には何も付けていない時間帯も必要です。

 

特に寝ている時間帯は肌もゆっくり休ませてあげましょう。

 

アイプリンは化粧をする際に使用するだけで、十分に効果を実感することができます。

 

 

毎日使い続ける

 

アイプリンの美容効果を実感するためには、毎日使い続けることをおすすめします。

 

毎日使い続けることで、配合されている美容成分が肌に働きかけて効果を実感することができます。

 

逆に気が向いた時だけ使用していると効果が半減します。

 

朝メイクをする際にアイプリンを一緒に使う習慣を身に付けてしまうと忘れることはないですね。

 

 

初回1,480円!定期コースが断然お得♪

 

 

 

目元のクマやシミなどの用途によって塗り方を変えよう

 

アイプリンは目元のクマだけでなく、シミ隠しやハイライトなどにも使えます。

 

それぞれの用途によって塗り方が異なるので、効果を高めるために基本的な塗り方をマスターして下さい。

 

 

目元のクマを隠す塗り方

女性の顔

 

目元のクマを隠す場合の使用量は、片目につきそれぞれ5〜6回ほどカチカチと回した分量が目安です。

 

目の際から顔の下側や外側に向かって、放射状に筆で3〜4本ほど線状にのせましょう。

 

そして指先で優しく叩きこむように馴染ませると効果的ですね。

 

 

シミを隠す塗り方

 

気になるシミがある箇所にアイプリンの筆先をのせます。

 

指先を使って優しく叩きこむように馴染ませましょう。

 

シミ隠しが一番簡単ですね。

 

 

ハイライトとして使う塗り方

 

女性の顔

 

アイプリンを肌にのせて、指先で優しく叩きこむように馴染ませます。

 

使用する部位毎に使い方が異なります。

 

目の下 目の際から顔の下側に向かって放射状に3〜4本ほどのせる
眉尻の下 眉尻に沿って斜め下方向に1本ほどのせる
おでこ 中心部分に縦に3本ほどのせる
縦に1本ほどのせる
あご 縦に2本ほどのせる

 

 

毛穴を隠す塗り方

 

小鼻の脇や毛穴が気になるところに、筆で3〜4本ほど線状にのせます。

 

線状にのせた外側から顔の中心に向かって、指先を使って優しく叩きこむように馴染ませてください。

 

毛穴を埋めていくイメージで馴染ませると効果的です。

 

 

 

アイプリンは顔以外にも使えます

顔以外もアイプリンを使って徹底的にカバーできる!

 

アイプリンは目元のクマや顔だけでなく、手や腕、首、足などのシミ、シワ、くすみにも使えます。

 

顔以外に気になるところがある場合は、アイプリンで目元のクマをケアして余った分を他の部位にも使用しましょう。

 

 

異常がある部位への使用は控える

 

但し、傷や湿疹、腫れがある部位には使わないようにして下さい。

 

それらの部位に使用すると、症状が悪化する恐れがあるためです。

 

肌に傷や湿疹などがある場合は、正常に戻ってから使用するようにしましょう。

 

 

 

使用期限に関わらず開封後はすぐに使い切ろう

 

アイプリンには品質保証期限が設定されています。

 

『製造から○○』という記載されていて、その日付が品質保証期限となっています。

 

あなたの手元にあるアイプリン記載されている日付を確認して下さい。

 

ただし、開封後はなるべく早く使い切るようにしましょう。

 

一度開封すると、ホコリや雑菌が混入する可能性もあります。

 

もちろん開封後すぐに品質が変化することはありませんが、敏感肌でも使用できるように防腐剤は一切添加されていないので、早めに使い切ることを心掛けて下さい。

 

 

酸化で品質が劣化する恐れがある

 

例えば開封後、半年以上も経過している場合は、空気に触れることで酸化が進み、品質が劣化している恐れがあります。

 

アイプリンが変色していたり、変なニオイがする場合は使用を控えて下さい。

 

酸化が進行した化粧品には雑菌が繁殖しています。

 

そのまま使い続けることで肌荒れなどを引き起こす恐れがあります。

 

 

異常が現れた場合は使用を中止しよう

 

アイプリンは安全性にこだわって作られていますが、肌の刺激性に関しては個人差があります。

 

アイプリンを使用した際に、万が一肌に異常が現れた場合は使用を中止して下さい。

 

具体的には肌に赤みや腫れ、痒み、刺激、色抜け(白斑など)の症状が現れた場合などです。

 

 

初回1,480円!定期コースが断然お得♪

 

page top